HOME > スタッフ案内

スタッフ案内

栗原 淳     THX Certified Home Theater Technician I

設計事務所~リフォーム会社にて実践を積んだ後、インストーラに転身した栗原。建築業界側からの幅広い視点を活用し、照明や内装などを含めたトータル的なシアタールームのインストールを得意とする。以前勤めていたリフォーム会社でも、 内容的には実質インストーラーと同じ仕事をしており、インストーラーとしての経験は豊富だ。自身もLDプレーヤーやS-VHSデッキなどをいち早く購入していたという筋金入りのオーディオ&ビジュアル好きである。建築の経験、オーディオ&ビジュアルの知識、双方をバランスよく兼ね備えた栗原は、これらをホームシアターのインストールに最大限活用する事で大きな評価を得ている。 栗原 淳
 
現在はDLNA(製品が互いに互換性を持ち、家庭内で電子装置間のネットワークを可能にする業界標準)など家電製品を含む家庭内ネットワークに興味があり、その将来性に大いに期待しているとの事。
 
 
「一口にホームシアターをつくると言っても、なかなか具体的にイメージをする事は難しい場合もあると思います。そんな時にこそ、私を頼って頂きたいですね。 漠然としたイメージでも、必ずそれを具現化する事ができると思います。」

諏訪 勇治

日本にホームシアターという概念がなかった時代からホームシアターを手掛けている諏訪は、インストーラーの先駆者として高い知名度を誇る。「1980年代に、アメリカでCEDIA(Custom Electronic Design & Installation Association)というホームシアター関連の協会が立ち上がりました。それをアメリカの雑誌で知った私は『家で映画?なんて楽しそうなんだ!』と興味を持ったんです」とホームシアターにかかわることになったきっかけを話す諏訪。20年近くたった今でも、ホームシアターへの情熱は少しも失われていない。 諏訪 勇治
 
「昔はレーザーディスクしかなかった、プロジェクターだって三管式しかなく、非常に高価でした。それがDVDになり、Blu-rayになり、液晶やDLP、LCOSプロジェク ターが登場し、誰もが家で映画を楽しめるようになりました。これからも、さらに高画質・高音質を追求するフォーマットが登場するでしょう。こんなにおもしろい世界はありません」。
 
 
新しい情報に貪欲で、一瞬たりとも立ち止まらない諏訪の口癖は、「こちらが本気でやらなければ、完成後に感動してもらえない」。絶えず全力で設計・施工に当たるその姿勢は他のインストーラーの手本となっている。インストール最大の特徴は"提案力"だ。過去の経験が財産になり、機材のセレクト、セッティング、設計、施工などありとあらゆる事柄に対して、具体的で現場の状況に適した提案を行うことで定評がある。

山本 智志

某メーカーの設計部門へ在籍~某ホームシアター専門店に在籍インストーラに転身~現在に至る。業務用の特殊な設計から大規模な集中コントロールなど通常のインストーラーとは違った特殊な経験をもつ。自身も根っからのホームシアターファンで新しいもの好き、自ら自宅に集中制御を導入しているほどだ。そんな山本のインストールはダイナミックだ、ホームシアターのみにとどまらず家具、照明、BGM、集中制御、内装と幅広く対応、お客様の夢をどんどん広げていく。 山本 智志
 
現在はスマートハウスに興味が有りホームシアター製品との融合に期待しているとの事。
 
 
「何か楽しいことがしたいと思ったらぜひ声をかけてください、一緒に夢を膨らませていきましょう。」

板野 敏明

前職の時もホームシアター関連の仕事を少ししていた板野、現在はインストーラーとして活躍している。新しい事にも積極的に取り組む勉強家だ。そんな板野はスマートハウスによるホームオートメーションとITとAV機器の融合について興味があるようだ。 板野 敏明
 
ホームシアターの制御だけでなく家まるごと制御できるような仕組みができる環境が理想ですね。現在の技術でも条件が整えば全て実現可能なのですが金額面、ハードの制限などかなりハードルが高い、それらがもう少し安価で簡単にできるようになると良いですね。
 
 
専用室シアターからリビングシアターまでお客様の「夢」を叶えるためにお客様のご要望に合うご提案をさせていただきます。既存のご自宅から新築・リフォームのご自宅までホームシアターのことならお気軽にご相談くださいませ。

岡田 哲一

三管式プロジェクター時代からホームシアターの業界に携わって20年以上のベテラン、営業時代からじっくりお付き合いをしお客様からの信頼も厚い、現在はインストーラーとして活躍している岡田、ホームシアターは今が旬と考えているようだ。 岡田 哲一
 
「動画配信のコンテンツも急激に増え色々なジャンルの作品が楽しめるようになってきました、更に配信される作品の高画質・高音質化が進みより高品質な作品が手軽に堪能できるようになりました。そんな高品質な作品を最大限楽しむことができるのが大画面、サラウンドのホームシアターです」。
 
 
「最近、休日は動画配信サービスにはまっています。月々定額で見放題のサービスが多くかなり魅力的です、中には雑誌の読み放題もセットになっているサービスも有ります、おかげで現在は配信三昧です、自宅にホームシアターが有る事でライフスタイルがきっと変わります、興味のあるかたはぜひお声掛け下さい。」

関口 彰洋     一級建築士

防振・防音エンジニアリングメーカー、住宅設計事務所、建築音響設計事務所に勤務した経歴を持ち、ホームシアターの構築に必要な全ての知識を有する一級建築士。特に防振遮音工事・音響内装工事・シアターリフォーム・シアター内装の提案などを得意とし、この分野では業界内でも一目置かれる存在だ。インストラーとしてのポリシーは、まず第一にお客様に喜んでいただく事。お客様が何を一番求めているかによって、価格・性能・仕上げなどにおいて最も適したバランスの内装や防音の設計をする。 関口
 
「ホームシアターの内装や防音について、リビングシアターの配線をスッキリさせる隠蔽処理から本格的な防音工事まで、お客様のニーズに応じて様々な提案を行なっております。是非お気軽にお問い合わせください。」

岩崎 嘉之

建築系の会社に14年間在籍。その後、趣味が高じてホームシアター施工の道へ進む。現在は機材の取り付け設置をメインにCSCの施工を担当。「機材は機能的な配置を、スピーカー等は理想的な配置を」「ケーブル類は出来るだけ隠蔽し目立たなくする」「どうすれば格好良く見せられるか」を深く考え、周りにある家具、インテリアとの調和も重視する。 岩崎
 
「お客様と共に楽しいホームシアター作りをしていきたいと思っております。作業中でも構いません、気になる事(ケーブルやアクセサリーの事、又はインストーラー達の裏の顔とか(笑)...)があれば遠慮なく話しかけて下さい。」

 

大城 浩也

自衛隊所属の経験を持つCSC一の力持ち、50Kg以上有る重量級のアンプを軽々持ち上げ、階段上げする、ホームシアターの経験は浅いがいつも笑顔で何事にも親身になって対応する姿は好印象で、評判も良い。そんな大城は自衛隊時代にFH70(155mm榴弾砲)の担当をした事も有る、本物の大砲を撃つ音を実際に知っている貴重な存在。 大城 浩也
 
現在はホームシアターについて勉強中。
 
「頑張って経験をつみホームシアターをもっと紹介していきたいです。」

 

お部屋が映画館化計画

お問い合わせ

ホームシアター知恵袋

ホームシアター知恵袋

関連会社

株式会社アバック

 PAGE TOP